Yachtingの世界にようこそ!


皆さん、「ヨットで遊ぶなんて縁の無い違う世界の事!」なんて思っていませんか?全然そんなことはありません。どんな人たちがどんな事をして遊んでいるのか覗いて見ませんか?思ったより敷居は低いものです。


街の雑踏から抜け出し、
  一面の青〜い空、どこまでも続く青〜い海で

    思いっきり羽を伸ばし、ストレス発散してみませんか?
              時にラグジュアリーに、時にエキサイティングに!】 
   
マリンショップsnipe では、初心者の方へのヨット入門講習(ヨット体験試乗)から、
ヨットレースをしてみたい方まで、ハード面からソフト面までマリンレジャーを存分に楽しんで頂けるように
サポートして下ります。

まずは『ヨット遊び』の世界について少々ご紹介しましょう。
ヨットの種類は大きく分けて2つに分類されます、1つは一般的に
『 ディンギー 』といわれる種類の艇と
『 クルーザー 』と言われる種類の艇です。
この2つの艇種の違いは、一般的にはその艇にキャビン
(人が入れる部屋、居住空間)が備えてあるかどうかによって大別されます。艇の大きさ的には概ね全長6mくらいが分かれ目でしょうか。

『ディンギー』って、どんな艇?
下の写真のような、どちらかというとかなりマリンスポーツ指向の強いヨットで、海に入る,濡れる、ことが前提のヨットです。海況や操船によっては、沈(チン:ひっくり返る)事もあります。よって、安全のため服装は、専用(マリンスポーツ用)のブーツやウエアー、ライフジャケット等を着用します。 学生の部活動や、国体種目にもなっていて、1人もしくは2人乗りの艇種がほとんどです。 社会人の方で乗っておられる方は、学生時代から続けている方々が多いのも特徴です。

ポイント:動力を使っていないので、小型船舶免許は不要!
これに対し『クルーザー』は?動力船に付き小型船舶免許必需、クルーとして乗船の場合は除く)

以下の写真のような艇で、たまには海のしぶきで濡れることはありますが、基本的に海に入ることはありません。また、艇(キャビン)の大きさにもよりますが、キャビンでお茶を飲みながら一休み・・・なんて事も可能ですし、1泊宿泊クルージングなども可能です。
艇の大きさにもよりますが、定員は
10名くらい、通常は56名の乗船で楽しまれる方が多いですね。
ヨットのキャリアを聞くと、『定年してから始めました!』とか『定年後の趣味の1つにと思って・・・将来は日本一周!なんてね。』という方もいらっしゃいます。 ヨットを楽しんでいる方々は、何もヨットのオーナーさんだけではありません。当然いわゆるクルーとして乗り込み毎週のように楽しんでいる方や、たまにゲストとして楽しんでいる方々も多いんです。
さて、以前からヨットには興味があったけれど・・・ どうしたら良いのだろう?と
               お悩みのあなたは,こちらをクリック!

                                     Yachting体験